杉山スキー&スノースポーツスクール 資料請求  
Sugiyama Ski & Snowsports School International & Japanese Div.

2016年6月

2016.6.13 杉山野外塾日記

スノーシーズンもいよいよ

IMG_1450
この週末は、SIA会員の皆さんと立山で研修をしていました。
 
さすがに今年の雪の少なさで、滑走するエリアは相当に限られてしまいましたが、そんな中でも皆さん熱心に研修に取り組んでいました。 
幸いに二日間とも天候に恵まれ、ほとんどの参加者が、今シーズン最後になるであろう、雪の上での感触をかみしめているようでした。
 
私自身も、これで今シーズンのスキーの仕事は終了となりました。
 
半年間、沢山のお客様と関係者のおかげで、無事に過ごせたことにまずは感謝です。
ありがとうございました。

予想外の気温低下に

IMG_1426
梅雨入りした信州の山ですが、ここ数日は比較的好天が続き、登山や山歩きには好条件が続いています。
 
植物たちの進みは、相変わらず例年より早めに推移していますので、いつもならば残雪が視界に入るこの時期も、既に残雪をみることはなく、新緑一杯に覆われています。
 
そんな緑一面の森の木々を注意深く観察してみると、葉先が写真のように黒く枯れてしまっている枝や、チリチリに縮れてしまっている葉を沢山みつけます。
先週中ごろの急激な気温低下で、氷点下の気温が二日間ほど続いた志賀高原では、ようやく伸び始めた無防備な若葉たちには過酷だったようで、枯れてしまったようです。
 
大きな意味で、自然はとても繊細な一方でとても強かな一面もありますので、この打撃で木や草そのものが枯死してしまうことは少ないですが、決して好条件でのスタートではなくなります。
 
残雪が少ない分、沢の水量などもかつて見たことの無いほど少ない今年ですので、これからの森の推移は注意深く観察したいところです。