杉山スキー&スノースポーツスクール 資料請求  
Sugiyama Ski & Snowsports School International & Japanese Div.

黄砂

IMG_3875

5月の終わりは、全国各地で30度越えの“真夏日”続出となりました。
普通ならば、一年のうちでもっとも過ごしやすいこの季節が、こんなことになってしまうとは、
 
「本当に日本は亜熱帯地方になってしまったのかも」
 
とやや心配になります。
 
奥志賀も朝から良く晴れて、小鳥たちのさえずりの中、気持ちの良い一日ですが、空がそれほど澄み切った青空にならないのは、やはり黄砂のせいでしょうか。
展望のきく高台からも、周囲の山々を全く見ることが出来ません。
 
これまでならば、黄砂は春先の風物詩で“春霞”の仲間くらいに思っていましたが、昨今の状況では、これも「PM2,5」などという大気汚染物質の一種であるかと思うと、気持ち良い晴れとは対照的に、なんとなく背筋に寒さを感じてしまう私は、ちょっと心配性ですかね。
 

コメント

  • いつもありがとうございます。

    そうですね、何となく不安になりますね。

    私たちが目にする現象が、地球規模でみた場合に一体どういったことになっているかの科学的な立証は、未だ難しいと思いますが、明らかに私たちの活動によって、地球の景観が変わっていることは事実ですね。

    2014.6.5 6:11 PM | 畠山浩一

  • 此処山梨県長坂から望む甲斐駒、鳳凰三山、八ヶ岳の峰々も ここ数日、早朝から霞んでしまうのです。この時期はくっきり見えるはずなのに。。お昼近くなると シルエットのように浮かび上がります 山肌もうっすらとですが細かく見えて、それはそれで見とれてしまうのですが、数年前には気付かなかった見え方、なんだか気味の悪い心地になりますね 

    2014.6.1 12:21 AM | 歌田作子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://www.sugiyama-ski.com/blog/nature_news/4082/trackback